海洋事業Marine Business

海洋事業

海洋事業では、創業から長年培った技術とノウハウで漁業に関する一切を提供しています。
ニチモウでは海域の環境保護などにも配慮した漁具・漁網の研究開発をおこなっており、国内外の水産業の更なる発展に尽力しています。また、その技術を活用して陸上分野にもネットを提供するなど、多様なニーズに対応しています。
さらには、官公庁と協働しての漁業者支援にも注力しています。

VIEW OUR PRODUCTS

漁網・漁具・陸上ネット・各種ロープ類および漁網設計・仕立

漁網・漁具・陸上ネット・各種ロープ類および漁網設計・仕立
ニチモウの提供している漁網は、船舶や魚種、海域に合った仕様で、漁業者の収益性向上と漁獲効率の向上を追及しています。
他にも、陸上分野向けに耐久性に優れ、線径が細く圧迫感のないネットを提供しており、メジャーリーグのスタジアムのバックネットにも採用されるなど、さまざまな施設で使用されています。
また、用途に応じて太さや強度、カラーなどが異なるロープ類をグループ会社と連携し、製造・販売をしています。
製品紹介はこちら

海上機械資材

海上機械資材とは、資源管理と漁業の効率化を実現する漁労システムをはじめとする、船舶用機械や船用品を指します。
ニチモウでは、これまで培ってきたノウハウと最先端テクノロジーを結集し、船体一括でのご提案を含め、漁業者のニーズに幅広く応えた海上機械資材を提供しています。
製品紹介はこちら
海上機械資材

研究開発室

研究開発室
研究開発室では実験用水槽を活用して、トロール漁業やまき網漁業用の漁網・漁具を中心に、顧客の求める最適な機資材の研究・開発をおこなっています。
中でも、ニチモウ独自の無結節網である「UC(ウルトラクロス)ネット」は世界各国の漁業者に使用されています。
研究事例・開発した製品

官公庁関連

海洋事業部門では、官公庁関連事業にも積極的に取り組んでいます。
水産庁が主導する「もうかる漁業」や「がんばる漁業」などの事業に参画し、収益性重視の操業・生産体制へと転換する取り組みの一助となっています。
また、ODAの一環で開発途上国の水産業の発展に貢献するため、漁具全般の供給や漁獲指導などをおこなっています。
官公庁関連