コフナが生んだワイン

水産会社として長く発展を続けてきたニチモウですが、実は“農業”の分野にも進出しています。
1979年、有機質の土壌改良剤「コフナ®」の取り扱いを開始したことを皮切りに、現在では各種農業資材を幅広く取り扱っています。

農業分野においても躍進を続けるニチモウは、次の新たな一歩として、ニチモウの提供する農業資材を用いて栽培された農作物の取り扱いにも取り組んでいます。
その中から、「コフナ®」を用いて栽培された葡萄を原料としたフランス製ワインをご紹介をさせていただきます。

そもそも「コフナ®」とは?

「コフナ®」は、農業大国フランスの国立パスツール研究所の指導のもと改良が加えられ、現在、全世界の40数カ国で実用化される国際ブランド資材です。
天然素材100%にこだわり、世界中から科学的に選別された原菌を使用している「コフナ®」は、地元フランスでも高い信頼を得ており、農業において極めて重要な“良い土”つくりに貢献しています。

そもそもコフナ(R)とは?
そもそもコフナ(R)とは?
コフナのワインに関するお問い合わせ

輸入販売業者:ニチモウ株式会社 アグリビジネスチーム
〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル

お電話でのお問い合わせ
03-3458-4369