ニチモウを知る7つのキーワード
創業から100年以上にわたり、オリジナリティーに富んだ事業展開で、
日本の漁業と水産業の発展に貢献してきたニチモウの基盤となる7つの特徴を紹介します。

KEYWORD01 浜から食卓まで

水産物を取り扱う食品事業は、ニチモウ全体の売上のうち6割以上を占めており、主力の事業となっています。しかし水産物の流通において、食品以外の3事業も非常に重要な役割を果たしています。漁網や漁具などの供給により、“水産物の漁獲”に携わる海洋事業。“水産物の加工”を担う食品加工機械を供給する機械事業。そして、食品包装資材や衛生資材を供給し、“水産食品の流通や安全性”を支える資材事業。これらの“浜から食卓まで”を支える3つの事業があってこそ、食品事業は高品質な水産物を皆様の食卓にお届けできるのです。さらに今では、これら3つの事業は水産という枠を大きく飛び出し、海洋事業のスポーツ用陸上ネット、機械事業の世界トップシェアの春巻き整形機、資材事業の住宅用建装材や農畜用資材などを主体に、それぞれの分野で躍進を続けています。