ニチモウを知る7つのキーワード
創業から100年以上にわたり、オリジナリティーに富んだ事業展開で、
日本の漁業と水産業の発展に貢献してきたニチモウの基盤となる7つの特徴を紹介します。

KEYWORD04 技術開発型商社

商社としての役割を担うニチモウですが、ニチモウグループ全体を見ていくと、メーカーの子会社を多く有しており、製造、開発機能を併せ持っています。ニチモウ創業時の生業であった海洋事業においては、国内外に漁網の製造等を行うグループ企業があります。ニチモウの研究開発部門で開発した漁網を、それらの漁網メーカーで製造し、ニチモウオリジナルの漁網として世に生み出しています。食品事業においては、ニチモウが海外から調達した水産原料を、グループ内の数多くの食品加工メーカーで製品化し、量販店・外食産業などの幅広いお客様に販売しています。原料調達から加工・製造まで、グループ内で一貫して行うことで、安心・安全な食品を低価格で供給できるのです。そして、“モノを動かす”という商社の機能だけでなく、“製品化する”というメーカーとしての機能を兼ね備えていることは、ニチモウグループの大きな強みとなっています。