ニチモウを知る7つのキーワード
創業から100年以上にわたり、オリジナリティーに富んだ事業展開で、
日本の漁業と水産業の発展に貢献してきたニチモウの基盤となる7つの特徴を紹介します。

KEYWORD05 100年の歴史

ニチモウの前身である「日本漁網船具株式会社」が創立されたのが1919年8月。昨今、企業の平均寿命は30年に満たないと言われる中、ニチモウは創立から100年を越える歴史を築き上げてきました。これまでの100年間は、決して穏やかなものではありませんでした。200海里規制、第二次世界大戦、そして記憶に新しい東日本大震災。日々激しく変化する環境の中、柔軟にビジネスモデルを変化させ、荒波の時代を乗り越えてきました。幾多の困難を乗り越え、2019年8月17日、ニチモウは晴れて創立100周年を迎えました。しかしこれは、決してゴールではなく、次の新たな100年に向けた航海の幕開けです。国内漁業の衰退、国民の魚離れ、海外との競合……。次の100年に向けた船出は険しいですが、ニチモウが目指す先に迷いはありません。全ては「豊かで健康な生活づくり」のため、日々邁進してまいります。